前へ
次へ

医療費の窓口負担額を減らす為にできること

誰でも怪我や病気になり病院で受診することがあると思います。
お薬代も含めて一回の医療費はそれほど高くなくても治療が長引けばそれなりの出費になると思います。
そんな時に知っておくと助かるのが高額療養費制度です。
例えば入院などで費用が高額になりそうな場合、前もって自分の加入している国保、社保などの保険組合で限度額認定証と言うものを発行してもらいます。
そうすれば収入に応じた月の上限金額が決まります。
この上限金額は医療機関ごとの合算なので普段から行きつけの病院、薬局を決めておくと良いと思います。
例えば病院Aでもらった処方箋を薬局Bに持って行き薬代で上限金額を超えたのに、同月内でまた病院Aにかかり前回と違う薬局Cで薬をもらってしまうとお会計が発生します。
前回同様に薬局Bで薬を貰えばお会計はゼロになります。
このように毎月の医療費が高額になる場合、窓口負担額の上限が設定できるので限度額認定証を申請しておくと便利です。

Page Top