前へ
次へ

高齢者の医療介護とこれからの状況

少子高齢化の問題点は、高齢者が多くなり、それを支える若い人たちの人口が減ってくることです。
経済的にも医療や福祉の費用が増大し、税収が減ってくることを意味しますし、実際の親の介護でも、付き添いを家族がする必要があります。
家族が多ければ、分担して介護をすることができますが、子供がひとりの場合は、仕事を辞めて介護に専念する必要があります。
今まででも、その問題は社会問題としてクローズアップされてきましたが、これからますます高齢者が増えていくとなると、その困難な状況の人たちも増えていくことになります。
本来長生きは、良いことで周りから祝福され、祝われる内容ですが、実際は非常に厳しい状況に立たされるということになります。
そして、国がそれを支える立場でしたが、あまりにも人数が多くなり、また経済的にも厳しいので、助けたくてもできない状況になっています。
そしてこれからも状況は厳しくなります。
その点をよく理解して準備をしておく必要があります。

Page Top