前へ
次へ

ジェネリック医薬品への代替えについて

処方箋をもって薬局へ行くとまず最初にジェネリック医薬品への代替えを希望するかどうか質問されると思います。
「ジェネリック=安い」ということは殆どの方がご存知かと思います。
ジェネリックを使えば医療費削減になるので国が推奨しているのです。
しかしながらジェネリック医薬品に対して不信感のようなものを抱いている方が多いような気がします。
安物だから効かないんじゃないかと思っているのかもしれません。
そもそもジェネリック医薬品が安い理由は、最初に作られた薬(先発薬といいます)が世に出るまでは膨大な研究費が掛かっています。
それも含めての薬価になっていますので先発薬は高いのです。
そして先発薬の特許が切れてから発売されるのがジェネリック医薬品なのです。
ジェネリック医薬品は後発薬とも呼ばれています。
先発薬のデータもあるので研究費が少なく済みます。
なのでジェネリック医薬品は先発薬よりも安くなります。
先発薬でも後発薬でも同じ有効成分で作られていますので効き目は同じです。
違うとすれば添加物くらいです。
むしろ後発薬のほうが飲みやすい工夫がされていたりもします。
いま日本経済はとても厳しい状況です。
積極的にジェネリック医薬品を使い医療費削減のお手伝いに参加して行きたいものです。

Page Top